パート薬剤師として働くメリットが知りたい!

パート薬剤師という働き方

職業によってさまざまな勤務形態があるように、薬剤師にも正社員やパートなどの働き方があります。 近所のドラッグストアや病院、調剤薬局などで薬剤師を目にすることがありますが、全体の70%近くは女性が活躍しています。

女性は結婚をして育児や家事が忙しくなる方が多いため、パートという働き方は都合がいいのです。 薬剤師を必要とする職場がたくさんあるので、短時間でもいいから働いて欲しいというところが全国にあります。

そもそも薬科大学の学生の男女比率も女性の方が多く、男性:女性=4:6くらいの割合です。 育つ環境から、女性が多いのですね。

薬科大学を卒業して薬剤師資格を取った男性はどうしているかというと、企業に勤務する傾向があります。 そのようなことから、調剤薬局などは子育て中の薬剤師の女性などが、パート薬剤師求人で働いています。

薬科大学を出てせっかく薬剤師になったのに、パートではお給料の面で不満がないのでしょうか。 パートといっても一般的な業種とは違って、とても時給が高いことから、無理に正規雇用に執着するより家庭も仕事も大事にできるようです。

薬剤師のパートの時給相場は、2,000円と高額報酬です。 スーパーやコンビニなどでパート勤務する場合に比べれば、かなり高いでしょう。 地域によっても相場に差があり、田舎ほど2,500円など高くなります。 時給の高いところを探すと、なんと4,500円というところまであったそうです。

パートといえどもそこまで高い時給を支払われていたら、長時間入らなくてはいけないなど、不都合もあるのでしょうか。薬品を扱うには薬剤師にいてもらわないと販売できないため、短時間であっても構わないそうです。

正社員の薬剤師がいるお店でも、パートがいなければ全く休むことができなくなりますから、短時間でもいてくれればありがたい存在です。

小規模の店舗はお昼だけ閉めることも可能かもしれませんが、例えば大きなスーパー内に設けられたドラッグストアの場合などは話が変わってくるかもしれません。ですので、家庭に入った女性薬剤師さんは働きやすい職場をしっかりと見極めることが大切です。

看護師も会社を経営できるって知ってますか?

会社を経営するというと、経済や経営学の知識があったり、何かを開発する技術があったり、そんな人たちでなければ会社は経営できないと思っていませんか?

看護師は基本的には、施設に雇ってもらい、そこで働くという形になっていますが、看護師でも会社を経営している人っているんですよ!

今って、病院だけでなくさまざまな場所で看護師が活躍できるようになっていますが、それも看護師経営者が誕生したからなのです!

以前は病気になったら病院へ行くということが当たり前でしたが、現在では病気にならないように予防をするという、健康が重視されるようになりました。そこに目をつけ、自分が看護師として経験したことを活かして、看護師に関する事業を始める看護師が増えてきたのです。

看護師って結婚や出産を期に離職する人が多いのですが、また看護師として働きたいと考えている人も意外と多いのです。

しかし、一度離職した後にまた働けるような環境が少ないのが現実でした。そこで、自分が自ら彼女たちの働ける場を作ってしまおう!と思い会社を立ち上げたという看護師もいます。

看護師が新しい働き方ができるようになっているのは、こうした人達が率先して、看護師が活躍できる場は無いかを探し、提供してきたからなんです!

特化した知識や経験があるということは、会社経営にとってはかなりの強みです。看護師は看護師としての経験や知識が豊富にあります。その経験や知識を活かすことができれば、会社経営だって夢ではありません!

医療関係で雇うって立場は施設だけだと思われていましたが、今では看護師が看護師を雇える時代なんですね。もちろん、会社を経営する社長になるということは、生半可な気持ちではできませんし、知識や経験を活かした事業をしたいのならば、経験が浅くてはできません。

看護師として、看護師のための事業を始めてみたいと思っている人は、まずは経験や知識を増やすために、転職支援サイトを利用して就職したり、このような看護師経営者の会社で看護師として勤務してみることがおすすめです。

転職支援サイトを利用すれば、転職活動がスムーズに行えます。 また、このような看護師経営者の元で勤務する場合は、将来自分が会社を立ち上げる時の勉強にもなります。

経営者の夢を諦めていた看護師の方、看護師が活躍できる場が増えてきた今、もう一度経営者を目指してみてはいかがでしょうか?

新生児集中ケア認定看護師を目指したい

近頃では初婚時期が遅くなったり、年を重ねてからの出産であったり、不妊治療を経ての出産が増えてきたことなどから、先天性の病を患う赤ちゃんや、低出生体重児が生まれることも少なくありません。

そのため多くの医療機関でNICU、新生児のための集中治療室がいつでも満杯だと言います。小児科医が減っていることや、新生児科のお医者様が足りていないことも加わり、その分看護師に専門的なことを任せる時代になってきました。

新生児集中ケアの認定看護師が行う業務は様々になります。まずは新生児特有の病気を把握することや、判断を間違わずに行えること、治療方針を把握し、発達生理などの理解を含めておくことなども、新生児集中ケアの認定看護師に求められていることです。

上記を基本としたフィジカルアセスメントのスキルを磨いておくことも、新生児集中ケアの認定看護師には必要になります。

他にも新生児の病状が急変するかもしれないということを見抜く洞察力や、悪化してしまわないよう防ぐこと、生理学的に不安定にならないような看護を進めていく事が重要です。

新生児集中ケアの看護師の基本としては、神経発達や知能発達と在胎週数の関りを把握しておく事が求められます。ケースバイケースで看護方法を判断することや、応用テクニックなどにも深い理解が必要です。

新生児集中ケアというカテゴリ内で数多くの知識や能力を持つエキスパート看護師が、認定看護師資格を取得できます。

新生児集中ケア認定看護師を目指すには、一定の実務研修における実績が求められており、三年以上新生児集中ケアカテゴリでキャリアを積んだ看護師のみ、教育課程を受ける事が可能です。

他にも早産児(32週未満の)や疾病を煩っている生後1週間に満たない正期産児の重症集中ケアを経験したもの、もしくは親御さんやご家族の看護業務を5例より多く受け持ったキャリアを持つ看護師、というのが前提条件になります。

これはできる限り、という条件ではありますが、今現在新生児集中ケアのカテゴリ内で看護の仕事を行っていることというのも推薦条件となっているため、新生児集中ケアのある医療施設で勤務していることも意味のある事だと考えられるでしょう。

今の勤務状態のまま条件をクリアできればベストですが、もしも条件が足りない場合は、転職も視野に入れ、新生児集中ケア認定看護師条件を満たせる病院などに勤めるようにしてください。

↑ PAGE TOP