薬剤師になるための第一関門です!

薬剤師になるには薬学部卒業が必須

薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格する必要があります。そして、この国家試験の受験資格を得るためには、大学の薬学部で専門教育を受け修了する必要があります。

薬学部を持つ大学・薬科大学は国公立と私立がありますが、自分が将来、薬剤師としてどういった道に進みたいのか、経済面で無理なく通うことができるのはどちらか、といったことをよく考えた上で選択することが重要となります。

国公立大学は、薬剤師国家資格試験の対策よりも創薬・研究に重点が置かれたカリキュラムとなっています。そのため、将来、製薬会社などで医薬品の研究開発に携わりたい、という方におすすめです。

また、国公立大学は私立大学と比較すると学費が安く設定されているため、できる限り経済的な負担を押さえたいという方は目指す価値があると言えるでしょう。とはいえ、薬学部は6年制ですので、それなりの学費が必要となることには変わりないことをお忘れなく。

一方、私立大学は薬剤師国家試験の対策に重点を置いたカリキュラムが組まれたところが多く、合格率や就職率がとても高いという特徴があります。また、大学の卒業試験も国公立よりも難しく設定されたところが目立ちます。

国公立大学との大きな違いは、学費が高いという点にあります。薬学部は6年制のため、国公立大学でも私立大学でも、大変高い学費が必要となります。しかしながら、私立は国公立よりも学費がかなり高く設定されており、入学金や授業料を合わせると、卒業までに総額1千万以上の費用が必要となります。

薬剤師を目指す場合、国公立・私立どちらを選択しても、経済面の負担はかなりのものとなります。しかしながら、大学によっては奨学金制度や特待生制度を設けており、これらを利用することで、経済面の支援を受けながら薬剤師を目指すことも可能となっています。

薬剤師の国家試験の受験資格は、大学の卒業試験に合格することで得られます。大学の卒業試験に合格したからと言って気を抜かず、国家試験をクリアするまでは、緊張感を保ちながら勉強に励みましょう。

↑ PAGE TOP