面接は準備万膳で挑みたいですね!

薬剤師の面接で頻出の質問とは

薬剤師の転職を成功させるために重要になるのが「面接対策」です。 転職の際に面接が重要視されるのはどの職業でも同様ですが、近年、薬剤師はヒューマンスキルやコミュニケーション能力が重要視される傾向が強まっていることもあり、面接の重要度が従来よりもかなり上がってきています。

そこで今回は、薬剤師の面接対策に役立つ「よく聞かれる面接の質問」をご紹介していきたいと思います。是非、面接対策やシミュレーションに役立ててみて下さいね。

まず、一つ目が「あなたの自己PRを聞かせて下さい」というもの。これは面接質問として定番中の定番ですね。この質問に対するポイントは「薬剤師として成長したと感じた経験や、向上心があるという事をアピールする」という事です。

「以前はこういった部分が苦手でしたが、今では克服し得意になりました」といったPRをすることで、面接官に好印象を与えることができます。

二つ目が「転職理由は?」というものです。これも面接の質問としてポピュラーなものですね。この質問に対しては、ネガティブ発言はNGです。例え事実であっても「人間関係に問題があるため」「自分の能力を正当に評価してもらえない」といった回答はしないようにしてください。

こういった発言をしてしまうと、面接官に「採用しても、同じような理由をつけて辞められてしまう可能性がある」と警戒心を抱かせてしまいます。

こういった質問には、面接官に納得してもらえるよう、ポジティブな転職理由を答えられるよう準備をしておきましょう。

三つ目が「質問はありますか?」です。この質問では「特にありません」「伺った内容で納得しました」と答えると、「意欲が見られない」「本気度が測れない」と判断されてしまいます。

たとえ質問したいことがなかった場合でも「採用になった時のために備えておくべきことを教えて下さい」といったように、前向きな姿勢ややる気を感じさせる言葉を返せるよう、事前にしっかりと面接対策を行っておきましょう。

↑ PAGE TOP