属性スコアリング審査を行っているキャッシング

キャッシングでは属性スコアリングと言う審査システムを導入している事が多いです。 この審査システムは、一つ一つの属性に点数を付けてその合計によって審査の合否を出しています。

点数の高い人ほど審査に合格しやすく、点数の低い人ほど審査に落ちやすくなります。 このスコアリングはコンピューターが行っている事が多く、インターネットでお申し込みするとすぐに結果が分かります。

属性には勤務先や勤続年数、雇用形態、年収、居住形態など様々です。 勤務先は公務員や大企業、勤続年数は長いほど、雇用形態は正社員以上、年収は高いほど、居住形態は本人名義の持家だと点数が高くなりやすいです。

世間で信用が高いと言うのはどんな人なのか考えると分かり易いです。 キャッシング会社では今までの顧客データを持っており、このデータをもとにこの点数以下だと滞納されるリスクが高い、この点数以上であれば優良顧客になる可能性が高いと判断しています。

顧客データはキャッシング会社によって異なりますので審査基準も異なります。 同じ属性でもギリギリの人はあるキャッシング会社では審査に落ちても、あるキャッシング会社では合格すると言った事があります。

スコアリングの点数を上げたいと思っても勤務年数や年収などは中々難しいです。 もし嘘の申告を行うと、その後の詳細な審査でバレてしまう事があるのでやってはいけないです。 バレてしまうと信用を無くしてしまい、余計にお金を借りるのが難しくなってしまいます。

他社の借入件数や借入額と言った属性であれば、比較的簡単にスコアリングの点数が上げられます。 他社の借入件数や借入額が多い人は減らしてからお申し込みしてみて下さい。 もし過去にキャッシングやカードローンなどで滞納した事があると、信用情報にブラックリストとして掲載されている可能性があります。

他の属性がいくら良くてもブラックリストに掲載されていると審査に合格するのは難しいです。 ブラックリストに掲載されてしまっても登録期間が過ぎれば削除はしてもらえます。 信用情報機関に開示請求を行うと自分の信用情報をチェックできます。

ページの先頭へ