薬剤師の仕事は職場によって大きく異なります

調剤薬局・病院・ドラッグストアで薬剤師の仕事は違うのか

調剤薬局には病院と併設されているところと 調剤薬局として独立しているところとで分けられています。 病院での勤務の場合は、その病院へ訪れた患者さんへ 薬を渡したり、注射薬のアンプルの作成業務もあります。

また、薬の調剤はその病院で処方されたものだけであり、 他の病院で処方されたものは受け付けておりません。 そして、医師と直接話すこともできるのが 病院勤務の薬剤師ならではなのですが、 かなり勉強をしていないと医師の話についていけないようです。

そして調剤薬局として独立している場合は、 患者さんが持ってきた処方箋を見てその通りに 薬を調剤し渡したり説明したりします。 必要に応じては、病院に問い合わせることも有りますが、 直接医師と会話するということは殆どないようです。

大体は病院にいる事務員の方を介して、 疑義照会を行ったりします。 疑義照会とは処方箋に対してこれはおかしいのではないか、 この薬に変えてもいいかなどを問い合わせることです。

そして調剤薬局の場合は、どこの病院の処方箋も 受け付けているというところも 病院とは大きな違いですね。

そしてドラッグストアでの勤務の場合ですが、 調剤薬局を併設している店舗以外では 基本的には処方箋を取り扱うことはありません。 市販されている売薬(OTC)を販売したり、 その他ドラッグストアで販売されている商品を 売るといった販売員としてのお仕事が多いです。

また、調剤薬局では処方箋の通りに調剤して 薬を渡すのに対して、ドラッグストア勤務の場合は お客さんなどが直接自分の症状を伝えて、 その症状に有効的な薬を紹介して売ることも多くなります。

処方というわけではありませんが、 その人の症状に合った薬を自分で判断するといった ところではある意味医師のようなことも やらなければいけないというわけです。

しかしドラッグストアの場合は、危険性の高い 医薬品を取り扱うことはありません。 これらは主な薬剤師の就業先ですが、 やはり就業先によって業務内容がかなりかわってきますので、 自分に合った業務はどれなのか考える必要がありますね。

↑ PAGE TOP