キャッシングの審査で重要な信用情報の記録とは?

日本には3種類の信用情報機関が存在しており、キャッシングやローン商品、そしてクレジットカードなどの利用状況が記録され利用されています。

キャッシングに申込みをすると審査がありますが、その時に重要な情報として参考にされるのが信用情報です。信用情報機関で記録されるのはどういった情報なのか、そしてそれがどれぐらいの期間残るのかをご紹介します。

■キャッシングに申込みをした記録 まずキャッシングに申込みをするとその申込みをした事実が信用情報機関に記録される仕組みとなっています。これはクレジットカードでも同様で、審査に合格しなかった場合でも申し込みをしただけで記録が残ります。

申込みをした先や申込みをした日付に加えて、名前や生年月日そして電話番号といった個人情報も記録され、最長で6か月の期間記録されます。キャッシングに短期間に集中してたくさん申込みをすると、いわゆるブラック状態になってしまい審査に通過できなくなるというのは、この記録が多数残っている状態を指しています。

■契約と返済の記録 キャッシングに申込みをして審査に合格したらそのまま契約手続きをしますが、契約についての情報も信用情報機関に記録されます。

どのようなサービス契約をしたかはもちろんですが、限度額などの具体的な数字もしっかりと記録され、その後実際に借り入れを開始した場合は、返済の状況も合わせて記録されることになります。

返済日や返済した結果の利用残高などが残されます。これら契約の情報や返済の記録は、そのサービスの解約から最長で5年間保存されることになっています。

■事故情報の記録 キャッシングの返済が予定通り行われなかった事故情報と呼ばれる重大な情報も信用情報機関に長期間記録されるようになっています。まずは延滞が起こった時の情報は、通常は3ヶ月以上の延滞があった時に記録されるようになっています。

長期間の延滞となるとキャッシング会社から督促が行われますが、それでも返済されなかった場合は最終的には強制解約となり、そのことが記録されることになります。また、延滞や解約がなかった場合でも任意整理や自己破産、個人再生などの方法で債務整理があった場合は、そのことが記録されます。

これらの情報は最長で5年間保存されますが、キャッシング会社によっていつ登録するのかも様々です。また、自己破産の情報は全国銀行個人信用情報センターでは、最長で10年間という長い間記録が残されることになります。

ページの先頭へ