フリーターでもキャッシングできる?

パートやアルバイトでも問題なく借り入れが可能なケースが多いのですが、フリーターの場合は審査が不利になってしまう可能性が高いです。その理由として考えられるのが、フリーターは収入が安定していない人が多いということ。

キャッシングを利用する場合、借りた額に関わらず完済するまでは定期的な返済が必要となります。 今月は返済できるが、来月の給料が少ないために返済できないという状況になってしまうと貸した側も困るわけです。

たとえフリーターであっても安定した収入がある人ならば問題なくキャッシングを利用することができます。また、ある程度の収入があれば金額が不安定な方でも借り入れが可能なケースは多いようです。

どれくらいの収入があれは審査に通るかというのは業者によって基準が違うので一概には言えませんが、一つの目安ともいわれるのが20万円という金額。そのため、収入が20万円に達していない場合、収入を増やすことについても考えてみてはどうでしょうか。

それも難しい場合、希望金額を少なめに設定するなどの対策が必要です。審査では、年収や希望金額、過去に金銭関係のトラブルがなかったかなど、様々なことがチェックされます。そこで各業者の基準を満たした場合にのみキャッシングを利用することができるわけです。

そしてその審査の中には職場への在籍確認が含まれます。これは、審査の申し込みをした本人が本当にその職場で働いているのかをチェックするための作業です。在籍確認が取れなければそこで働いていることの証明ができないため、融資を断られてしまうこともあります。

フリーターとして働いている方の中には日によって職場が違うという方もいますよね。そういった場合には、どのタイミングでどの職場に在籍確認を取ってもらうのかよく考えて決めたほうがいいでしょう。

それから、毎月ぎりぎりの生活をしていると借り入れの返済が遅れてしまうこともあるかもしれません。 もし、既に他社から借り入れを行っているものの、過去に返済の遅れがあったということであればしばらく新たな借り入れは控えた方がいいでしょう。

ページの先頭へ