専門性を極めて最先端医療に貢献!

専門性の高い薬剤師の広がる可能性

近年、多くの分野で「専門薬剤師」が登場し活躍の場を広げています。専門薬剤師とは、特定の疾患・領域で負担を医師と分担し、安全かつ安心できる薬物治療を提供することが可能な薬剤師です。

現状、日本で認定されている専門薬剤師は「がん専門薬剤師」「HIV感染症専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」「妊婦・授乳婦専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」などとなっており、専門薬剤師とは異なる存在であるものの、各種認定薬剤師制度も設けられています。

また、厚生労働省の健康日本21(第2次)における「基本的な方針」では、薬剤師は健康を担う人材と明記されており、薬物治療以外の分野でも、薬剤師が関わることのできる分野が多数あることが記載されています。

こういった背景があり、この数年、薬剤師業界を語る上で「プライマリーケア認定薬剤師」が注目されるようになってきました。

「プライマリーケア認定薬剤師」は、日本プライマリーケア学会が認定する薬剤師を指し、国民の健康福祉に関わる問題を総合的に解決するという「プライマリーケア」に特化した薬剤師であることの証となっています。

薬剤師は、薬学の専門的な知識と豊かな経験を備え、薬物療法以外にも、日常的な健康管理、病気予防、看護・介護に関する相談などに幅広く対応できる「ゼネラリスト」の役割も担っています。

そういった意味で、プライマリーケア認定薬剤師は、今後の薬剤師の方向性を表す一つの資格・ワーキングスタイルだと言えるでしょう。

専門薬剤師に話を戻すと、従来、専門薬剤師は開局薬剤師の取得できないものとして知られていましたが、今の日本の現状に即す形で認定要件が緩和され、開局薬剤師でも取得への道が拓かれるようになってきました。

こういった流れも、専門薬剤師の活躍の場の広がりと需要の伸びを端的に表しているものだと言えるでしょう。今後、薬剤師は病院や薬局のみならず、自分の専門性や適性、得意分野を加味した上で、能力を活かせる分野で働く機会を多く見つけることができるようになるでしょう。

↑ PAGE TOP